山の辺の道の出発点になる天理駅前と桜井との中間地点の天理トレイルセンターと

天理に新しい施設が相次いでオープン&リニューアルしてます

天理駅前のコフフンが4月にオープン 地元のおいしい野菜をたっぷり食べれるカフェもあります

天理トレイルセンターも4月にリニューアルオープンし、洋食レストランが新たに開店と

山の辺の道のランチ選びの幅も広がります

天理駅前広場のコフフンは古墳をイメージしたという5つの構造物で様々な魅力を発信してくれます

ここがあの天理駅というくらいおしゃれな空間になっています!!

天理トレイルセンターの洋食レストランは大阪鰻谷で大人気の洋食屋さん洋食Katsuiさんが移ってきています

洋食Katsuiさんといえばディーン・フジオカさんが紹介されていたレストランなんです^^

山の辺の道の散策の楽しみが増えました!!

スポンサードリンク

山の辺の道のランチに天理トレイルセンターのレストランや天理駅前のコフフンも!!

山の辺の道といえば、お弁当を持って黙々と歩くというイメージの方も多いと思いますが

日本最古の神社の一つ石上神社や長岳寺、三輪山をご神体にする大神神社、黒塚古墳や崇神天皇陵などの古墳

人気のせんぎりやさんなどの無人販売所と自然と一緒に楽しめるものがいっぱいです

山の辺の道

山の辺の道は三輪山の麓から石上布留を通り、奈良へと通じる「日本書紀」にもその名が残る日本最古の道

桜井と奈良を結びますが、桜井から天理間約16kmを歩く方が多いです。

奈良盆地の四周を囲む山地は、昔から青垣山と称されており、大和青垣国定公園として指定されています

最も古い道といわれる山の辺の道はこの青垣の山麓につづき

道沿いには、今も「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残り、数多くの史跡に出遭え、訪れる人を「古代ロマンの世界」へと誘ってくれます

見所もいっぱいです

ゆるいアップダウンがあり、地道の部分も多いので歩きやすい運動靴で行きましょう

山の辺の道のルートは

天理駅⇒2.1km(40分)⇒石上神宮⇒2.5km(60分)⇒夜都伎神社⇒2.9km(50分)⇒長岳寺・天理トレイルセンター(JR柳本駅)⇒1.4km(20分)⇒景行天皇陵⇒2.5km(40分)⇒桧原神社⇒1.5km(35分)⇒大神神社⇒1.1km(15分)⇒海柘榴市観音⇒1.9km(30分)⇒桜井駅となっています

もちろんどちらから歩いてもOK

 

⇒奈良のハイキングには近鉄あみま倶楽部がお勧め

山の辺の道の歩き方

桜井から天理間約16kmを一度に歩くと6時間以上はかかりますし、ちょっとハードル高いですよね

おすすめは

ルートのほぼ中間にあたるJR柳本駅を活用して天理側・桜井側と2回に分けて歩くことです

JR柳本と長岳寺は歩いて20分ほどで、トレイルセンタ-にはシャワールームも完備しています

山の辺の道のランチ

山の辺の道のランチの定番といえば

そうめんがおすすめですが、三輪素麺ほほんと美味しいです!!

大神神社(おおみわじんじゃ)近くのそうめん処 森正さん

桧原神社手前にある御休処で桧原御休処

山の辺の道から少し外れて20分ほど歩かないといけませんが

三輪そうめん山本 三輪茶屋や池利の千寿亭などもあります

大神神社(三輪さん)から徒歩10分の花もりさんも

1日10食限定の親子丼や野菜カレーもあり

スポンサードリンク

最近はかき氷も人気で旅サラダなどでも紹介されています

そんな、山の辺の道のランチの新定番が天理駅前とトレイルセンターに登場しています

山の辺の道のランチに天理駅前 コフフン?

天理駅前広場コフフン(CoFuFun)って

天理駅前広場コフフン(CoFuFun)は古墳をイメージしたという5つの構造物で

天理市内に1600基もあるという「古墳」をイメージした、白いすり鉢形の構造物とした、かなりユニークな施設です。

東京「デザインオフィスnendo」代表の佐藤オオキさんです

⇒佐藤オオキさんの書籍は目からウロコ

⇒天理駅前広場コフフン(CoFuFun)についてはこちら

天理駅前広場コフフンのランチは

インフォ & ラウンジコフンには「ネオ和食」をコンセプトにしたカフェレストラン

Park Side Kitchen

お惣菜プレート+ご飯(私たちがいった時はじゃこご飯)orうどんorそばで980円。

ビュッフェにはパンもありましたので、私たちは肉をつけて
お惣菜プレート+肉料理をつけて1500円、ビュッフェだけでもOKだったかな
メニューが少しわかりにくいので
わからない場合はお店の人に確認して注文しましょう
幼児のお惣菜プレートは500円。
小学生は700円。

天理トレイルセンターがリニューアルされ洋食katsui かついがオープン

天理トレイルセンターにオープンした洋食katsui

実は、ぴったんこカンカン(TBSテレビ)五代友厚役で大ブレイク!ディーン・フジオカさんと行く、思い出の大阪ツアーで、大阪のお店が紹介されているんです

「洋食Katsui」の「黒毛和牛ロースの塩焼き」を食べていたそうです

なぜ、洋食katsuiさんが山の辺の道?と思いましたが

レストランオーナーさんの地元なんだそうです

山の辺カレーはカフェタイムにもありました

洋食定食ランチ

ハンバーグステーキ 1500円

エビフライ 1600円

黒毛和牛ロースの網焼き 2000円

唐揚げなどの単品もあります

定食には、飲み物がついています

ビール・グラスワイン(赤・白)・コーヒー・トマトレンジから選べます

住 所:奈良県天理市柳本町577-1
電話番号:0743-67-3810
定休日:ナシ
営業時間:8:30~17:00
駐車場:無料(18台)
ランチ  11:00〜15:00(L.O 14:30)火~日

ディナー 17:00〜21:00(L.O 20:00)木~日

ランチ営業、日曜営業

※JR桜井線柳本駅から徒歩15~20分ほど。

または、JR・近鉄天理駅から、奈良交通バス桜井行き「柳本バス停」下車5分。

山の辺の道のランチに天理トレイルセンターの洋食Katsuiや天理駅前のコフフンおすすめ

いかがでしたか、天理に新しいおすすめスポットが2つ登場してワクワクします

中間地点の洋食katsuiを上手く利用して何度か歩くのもオススメです

そこを目的で十分楽しめます
⇒山の辺の道のおすすめスポットを旅ノートでチェック

スポンサードリンク